お客様の声 Vol.2 有限会社マツザキヤ 蕪木夫妻

お客様の声 Vol.2 有限会社マツザキヤ 蕪木夫妻

2017.08.18 | Customer Voice

はじめに

有限会社マツザキヤ

アールイーデザインの小篠です。
2017年1月27日に公開した、有限会社マツザキヤ様のホームページをリニューアルさせていただきました。マツザキヤ様と言えば仲の良いご夫婦がご対応するガスのお店で、打ち合わせの合間にお客様がフラッと来店され笑顔になって帰っていく姿を見るのも少なくありませんでした。
そんなマツザキヤ様の蕪木夫妻は正直に言ってWEBの素人でした。そんなお二人がなぜ、既にあるホームページで満足せず予算を掛けてリニューアルをしたのかをご紹介させていただきます。

有限会社マツザキヤ様について

有限会社マツザキヤ様は栃木県さくら市でおよそ90年、地域のお客様に愛され続く地域密着型のガス専門店です。
ガスの配達、キッチン周り・システムバスなどガス器具全般やそこに付随する水道回りなど、修理や古くなってしまった製品のリニューアルなどをご提案しております。
費用が発生しない困りごとの相談も、ネットショッピングで購入した機器の取り付けも、快く笑顔でアドバイス・ご対応をしてくれるお店なので、地元さくら市のお客様はもちろん、栃木県北からも紹介やお問い合わせがあります。
有限会社マツザキヤ:http://matuzakiya.com/

栃木県さくら市で一番親しみやすい、相談しやすいお店を目指して

もともとホームページはどういったキッカケで制作されましたか?

社長:10年以上前かな。まあコマーシャルですよね。要は。新聞チラシなんかと似た感覚でね。
奥様:当時はホームページが出始めたときで、税理士さんから「顧問先にホームページを作っているところがあるから、作るんだったら是非紹介しますよ」と言われて、ああやっぱりこれからはホームページくらいないとやっていけない時代なのかなと思ってね。
社長:うん。まあ紹介があったからだよね。
奥様:それからしばらく経ってリニューアルとか更新もしたかったけど、お願いしていた制作会社は対応してくれないしもういいかと思ってとりあえずあるだけの状態でしたね。見た目が気に入らないまま放って置いたところに小篠さんに出会って、アールイーデザインというデザインの素敵な会社を知って「ああちょうどいいや!」と思って。

折り込みチラシなどではなく、なぜホームページでの広告宣伝なのでしょうか?

奥様:とにかく今はホームページでしょう。他は正直効果が出にくいし高いし。今どき新聞を取っている人も電話帳を見る人もいないしね。そこにお金を掛けず、やっぱり見てもらえるホームページにある程度はお金を掛けたいと思っていたね。
社長:実際に(マツザキヤ様が)どんな仕事をやっているのかというのは、工事の経過とかも時間軸を見せながらホームページで更新しながら見てもらった方がお客さんにも分かりやすいかなと思ったからかな。営業にも使いたいし、物販にも使いたいし、広告としても使いたいし全部の使い方で必要だね。更新は大変だけどね。
奥様:慣れれば良いけどね。
社長:まあ更新は最初は大変だった(笑)

スマートフォン対応(レスポンシブWEBデザイン)は本当に必須でしたか?

スマートフォン対応(レスポンシブWEBデザイン)は本当に必須でしたか?

奥様:今の若い人ってさ、何か分からないことがあればスマートフォンを取り出して調べるよね?電話もスマートフォンで調べてすぐ掛けるでしょ?何かって言うとスマートフォンだからガス屋も、「どこか頼もうかな?」「困ったな」と思ったらスマートフォンで調べるから今はもう電話帳よりはっきり言って絶対に必要。パソコンはどの人も持っているわけではないしね。ホームページというよりも、スマートフォンに対応したサイトが欲しかった。
社長:最低でもパソコンに対応したホームページはお店をやっている以上必要だなと。今まではそこまでしか対応していなくて、さっき(奥様が)言ったように今の若い人は皆スマートフォンなので、きちんと見てもらえるように作っておきたかったかな。

ところで少し話が逸れますが、なぜGoogle アナリティクス(解析ツール)を使おうと思いましたか?

社長:解析したいとか難しいことは考えていなくて、どの程度見てくれているかというのが分かれば、やっぱり更新もしたくなるし、ホームページにかけるやる気も出てくるからね。
奥様:とりあえずどれくらい見られているのかは知りたいね。特にだからと言って何があるわけではないけど。
社長:これから新規で集客するにはなどはまだ全然考えられていないから、これからアドバイスを貰って頑張ります。

すみません!時間も時間なのでそろそろこの辺で!(笑)

小篠:マツザキヤさんに来ると話のネタが尽きず、どうしてもお邪魔する時間が長くなってしまうので、そろそろお暇します!(笑)
奥様:もうちょっと色んなカットで写真を撮っておかない?
小篠:大丈夫です!とても素敵な写真が沢山撮れました!
奥様:えー嘘、ちょっと見せて……

帰る頃、辺りは真っ暗になっていました。
マツザキヤ様、インタビューのお時間をいただき本当にありがとうございました。