(マニア向け)UMIDIGI Powerの搭載カメラでどこまで撮影できるのかテストしてみた

(マニア向け)UMIDIGI Powerの搭載カメラでどこまで撮影できるのかテストしてみた

2019.08.01 | Staff Diary

上から読んでも下から読んでもなすですな
中国・深センの通信機器メーカーUMIDIGI(ユミディジ)社の格安スマホである、UMIDIGI Powerを試しに買ってみたので撮影テストしました。

UMIDIGI Powerの特徴

2019年6月に発売されいたUMIDIGI Powerの最大の特徴は、スペックを下げて(省電力化)バッテリーを大容量化したことによるバッテリーの持ちの良さです。
それでいて、下記の特徴があります。

  • 最新のAndroid 9 Pie搭載
  • 5150mAhの大容量バッテリー搭載
  • 価格が安い150ドル前後

概要については公式サイトをご覧ください。

基本スペック

名称UMIDIGI Power(ユミディジ パワー)
ディスプレイ6.3インチ(19.5 : 9 Waterdrop advanced in-cell LTPS Display)
2340 x 1080 Resolution FHD+, 409 PPI
読書モード
色温度調整機能
CPUMediaTek Helio P35 オクタコア (8x2.3GHz A53)
GPUIMG PowerVR GE8320, up to 680MHz
<メモリ/th>

4GB
容量64GB
バッテリー5150mAh(公称容量)
高速充電18W
サイズ高さ:157 mm
横幅:74.5 mm
厚さ:8.8 mm
重さ:190g
カメラ・ビデオ撮影リアカメラ:16MP + 5MP(16MP, S572P7, F/1.8 aperture, 6-element lens)
デュアルLEDフラッシュ
顔認識機能
リアルタイムフィルター

フロントカメラ:16MP(5-element lens, F/2.0 aperture)
自撮りカウントダウン
顔認識機能

ビデオ撮影:1080p, 720p video, 30fps

ネットワークデュアルSIMカードスロット(DSDS)
microSDカードサポート(SIMスロットが一つ潰れます)
3.5mm Audio Jack
Bluetooth 4.2, Bluetooth HID
NFC
USB On-the-Go(OTG)

4G,3G,2G対応
2G: GSM 2 /3 /5 /8
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
4G: TDD-LTE 38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B

コネクタUSB Type-C

スペックについては公式サイトをご覧ください。

写真・動画撮影に関して

基本

基本的にカメラの性能は良くないです。
明るい屋外であればそれなりに撮影できます。
あくまでも綺麗な写真を撮るためのものではなく、簡易的に撮影するためのものという印象でした。

写真撮影サンプル

UMIDIGI Power撮影サンプル
UMIDIGI Power撮影サンプル
UMIDIGI Power撮影サンプル
UMIDIGI Power撮影サンプル
UMIDIGI Power撮影サンプル
写真に関してはそこそこの性能で、4608px x 3456pxの写真が撮影できます。
f値は1.8固定です。
基本的に暗所は得意ではありません。
ピントが合わなかったり、黒つぶれがひどい場合が多いです。

動画撮影サンプル


ローリングシャッター現象が起きます。
そして、ピントが合いにくいです。
一応1920px * 1080pxの動画が撮影できます。
縮小して使えばなんとかですが、綺麗では無いです。

自分的まとめ

日本円では1万5千円くらいで購入できるので気軽に購入できて良い。
SIMフリー端末でデュアルSIMデュアルスタンバイ対応なのでSIM切り替えしなくても、例えばソフトバンクとドコモの電波を同時に受信可能。
バッテリーが大きいのと、画面がデカくて液晶が綺麗なのでYouTube見るぶんには問題ない。
カメラの性能とCPUが弱いので、綺麗な写真・動画撮影は期待できないが、とりあえず撮影はできる。

辻 元気
Written by
辻 元気
Categories
Written by