生米とメスティン、無限大の美味しさに感激。

生米とメスティン、無限大の美味しさに感激。

2020.04.15 | Staff Diary

上から読んでも下から読んでもなすですな

コメと友だち、どうも辻元気です。
さて、皆さんはメスティンってご存知ですか?
知らないよう>< という人も見てあげてくださいな。

Contents

メスティンって何?オスティンは?

メスティンは一言で言うと「取手付き飯ごう」です。
スウェーデンにあるトランギアと言う会社が作っていて、日本ではイワタニプリムスが輸入販売しています。
要は、キャンプなんかで使用するア ルミ製の鍋と行った方が良いでしょうか。
ご飯を炊くのはもちろん、フライパン、蒸し器、なんでもござれな容器なんです。

ちなみに、オスティン♂はありません(笑)

※ガスバーナーを使用する場合は屋外で使用してください。最悪死にます。

どうやったら美味しくご飯が炊けるの?

美味しく食べられる炊き方。
自分の場合は生米1合で調理時間20分でございます。

  1. 生米1合分を水にしばらくつけて、水分を吸わせておく。
    (自分の場合は朝仕込んで昼炊くので3時間ほど水筒などに入れて放置)
  2. 炊く時は、水をメスティンの内側と米が真ん中くらいになるように水をぶっこむ。
    弱火で約10分間放置(蓋の上に燃えない、溶けない重石を置く)
  3. チリチリと言う音がしたら火を止めて蒸らす(だいたい10分)
  4. 蓋が激アツなので、慎重に取り外す
  5. いっただっきまーす!

🍚銀シャリ!堂々完成!!

パッカーーーん!

アツ盛!!!熱々、ホッカホカの米が炊けました。
昼はこれで決まりだね!(毎日やるとは言っていない)

 

辻 元気
Written by
辻 元気
Categories
Written by