まぶたのたるみは解消できる!多様な8つの解決策とその方法

第一印象を決めやすい目元だからこそ、まぶたのたるみは気になる部分です。このたるみのケアをしていくうえで、おすすめできる8つの対策をご紹介していきます。

まぶたのたるみはたるみの原因などによっても、選ぶべきケアは異なってきますので、この8つの対策の中から、自分にあったケアをぜひ見つけ出してください。

間違った洗顔をやめ正しい洗顔をするだけでもたるみは解消する

普段からアイメイクをしっかりとされる方ほど、洗顔で目元に大きな負担をかけてしまっているケースは多くみられます。

メイクが残ってしまうような洗顔は肌に負担をかけてしまいますが、間違えた洗顔を行うことは、さらに大きなダメージを肌に与え、まぶたを支える筋肉にまで悪い影響を与えてしまいます。

メイクを落とすときの正しい順序や、正しい洗顔の方法をしっかりと日常に取り入れることが、まぶたのたるみを予防し、今起こってしまっているたるみを改善させていくためのポイントになっていきます。

「関連記事:まぶたのたるみを起こさない洗顔方法とおすすめのリムーバー」

とりあえずメイクでカバー。ポイントをチェックしてたるませない

すでにあるたるみをできればカバーしたいというときには、アイメイクに工夫をすることで見た目年齢をぐっと下げられます。普段アイメイクは苦手という方でも、ポイントさえつかめば難しいテクニックを使わなくても、カバーしていくことができます。

たるませないためのアイメイクのポイントなども併せてチェックすることで、アイメイクがたるみ予防や改善の強い味方になってくれます。

「関連記事:アイメイクでまぶたのたるみをカバ-。やってはいけないポイントも」

アイプチはメリットデメリットを知って使うことでたるみ対策にも原因にもなる

手軽に二重まぶたを作れることで人気のアイプチですが、皮膚が余ってしまってたるんでしまったという方にとっては、たるみ改善には強い味方ということができます。

即効性がある対策になりますが、逆にアイプチをやり続けると皮膚が伸び、余ってしまう、たるみがさらに激しくなるというデメリットもでてきます。

アイプチは緊急的な対策と割り切り、とりあえずその場だけでも皮膚が余ってしまっているまぶたのたるみを改善させたいという時には、おすすめできる方法です。

「関連記事:まぶたのたるみのタイプ別、アイプチでたるみを無かったことに」
「関連記事:まぶたのたるみ対策にアイプチは逆効果ってどうしてなのか」

サプリメントで行える対策はタイプ別で選ぶべきものが変わる

まぶたのたるみが起こる原因の中には、皮膚や筋肉の衰えというものがあります。これらをケアする時に必要なる成分を取り入れることで、衰えをカバーし、たるみを改善していくことも可能です。

サプリメントを使ったケアは決して即効性を期待できるものではありませんが、長い目で見てやっておいて損はないものが多くあります。

サプリメントで嬉しいのは、まぶた以外の部分もケアをしていけるという点もあります。さまざまなエイジングサインをケアしていくためにも、試してみる価値はありそうです。

「関連記事:サプリでまぶたのたるみもケア。4つの役割別におすすめ成分」

想像以上に効果的な美顔器でのケアは選ぶ時のポイントを知ろう

まぶたというとてもデリケートな部分のケアには、美顔器の中でも使えるものと使わない方がよいものとがあります。

まぶたケアという点を考えた時におすすめできる機能とおすすめできない機能をまとめました。さらに、おすすめできる機種もみていきましょう。

「関連記事:美顔器を使ってのまぶたのたるみケアにおすすめの機能・機種」

しっかりとコースの内容をチェックすることで、よりエステで効果を実感できる

小顔効果や美白ケアなど、フェイシャルエステにはさまざまな効果を期待できますが、まぶたケアはなかなか積極的に行ってもらえないサロンも多くなっています。それだけまぶたケアは難しい部分もあるということになります。

ただ、まぶたに直接刺激を与えたりするのではなく、別のアプローチでまぶたケアができるエステサロンもありますので、どのようなケアが入っているかをしっかりと把握して選ぶようにしていきましょう。

「関連記事:エステで改善。まぶたのたるみケアでは頭皮ケアがポイント」

整形でたるみケアをするのはメリットデメリットをしっかりと知ることが大切

整形でのケアは医師が行うケア中では即効性も期待できますし、仕上がりもキレイにできる可能性が高いため、ある程度費用を掛けられる方には人気がある方法です。一方で整形には失敗というリスクも存在しています。

成功すればキレイに満足できる仕上がりを期待できますが、失敗というデメリットもあることを良く知っておく必要があります。

「関連記事:整形でまぶたのたるみはどう改善できるのか。失敗する例も」

即効性があるたるみケアなら隙間時間にできるものも

お金をかけず、自分で簡単にできるケアも即効性があるケアが可能です。

血行不良が原因で、まぶたの老廃物が溜まり、代謝が低下していることでたるみが起こっているという方には、つぼ押し。

頭皮や額のコリが原因で皮膚のたるみが起こっている方には、頭皮&おでこマッサージなどがおすすめです。

「関連記事:即効性が期待できる。まぶたのたるみに効果的な5つのケア」

年齢を感じさせない目元づくりのためにはたるみ対策は大切

たるんだまぶたは眠たそうに見せたり、見た目年齢を一気に引き上げてしまいます。しっかりとたるみ対策をしていると、それだけで見た目年齢を引き下げ、年齢を感じさせない目元を作れます。

お金を掛けなくても行える対策は沢山ありますし、日ごろから少し気を付けるだけでもたるみを予防・改善していけますので、ぜひ対策を取り入れて、エイジングサインを減らしていきましょう。

Topicsまぶたのたるみ

「老け顔」の象徴…まぶたのたるみはツボ&マッサージで撃退!

目元の印象は、顔全体の印象に関わる問題です。特にまぶたは、人の注目を集めやすい部位。たるみがあったり腫れぼったい印象になったりすると、老けた印象につながってしまい…

即効性が期待できる。まぶたのたるみに効果的な5つのケア

少しずつ起こってくるまぶたのたるみも、気が付いた時にはできるだけ早く、即効性のあるケアをしていきたいですよね。 コツコツとケアをしていくことも大切ですが、す…

まぶたのたるみは顔ヨガ筋トレエクササイズ!1分で簡単スッキリ!

加齢で皮膚がたるみ、代謝も下がってまぶたにも脂肪が…。何もしなければまぶたがたるんでくるのは当然のこと。 目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えれば、たるんだ皮膚を…

美顔器を使ってのまぶたのたるみケアにおすすめの機能・機種

リフトアップ効果や小顔効果などがあることで人気が高い美顔器ですが、まぶたのたるみの改善のために利用する時には、いくつか注意すべき点や選ぶ時のポイントがあります。 …

エステで改善。まぶたのたるみケアでは頭皮ケアがポイント

美容整形よりも手軽にできて、プロがケアをしてくれるエステサロンでも、まぶたのたるみのケアを行えます。 まぶたは皮膚が薄く非常にデリケートな部分ということもあ…

整形でまぶたのたるみはどう改善できるのか。失敗する例も

確実にまぶたのたるみを改善させる方法として、整形という方法を選びたい、選ぼうと思っているという方も多くいらっしゃます。一言で整形といっても、たるみの原因やたるみ方…

まぶたのたるみをアイクリームで解消!若見えを叶える使い方

年を重ねると気になってくるのがまぶたのたるみ。アイクリームでセルフケアをはじめてみましょう。 皮膚がとても薄い目元は、皮脂分泌も少なくて乾燥しやすい部分です…

サプリでまぶたのたるみケア!おすすめ4つの成分で原因に働きかける

まぶたのたるみを起こす原因はいろいろあります。皮膚のハリが失われたり、まぶたのまわりの筋肉の衰えといったものがぱっと思い浮かびます。 このような事が起こる原…

まぶたのたるみを起こさない洗顔方法とおすすめのリムーバー

顔の皮膚の中でも、まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートです。洗顔をする際も、優しく行わなければすぐに傷つき、たるみを起こす原因となってしまいます。 どのような…

アイメイクでまぶたのたるみをカバ-。やってはいけないポイントも

30代後半から40代になってくると、アイラインがうまく引けないという悩みを持つ方も増えてきます。ちょうどまぶたのたるみなどが気になってくる年代ですが、このまぶたの…