目の下のたるみで老ける…原因・対策・簡単ケアで老化を挽回!

老化によって現れた目の下のたるみ。一度気付いてしまうと、鏡を見る度に気になるものです。

「なぜたるみができてしまうのか」「どうやったら消すことができるのか」を早めに知ることで、ブルドッグのようにひどいたるみになってしまう前に手を打ちましょう。

一晩寝れば消えた若い頃のクマとは違う、老化による目の下のたるみの原因から解消法、予防方法についてまとめました。

目の下のたるみの原因:予防&解消のために知っておこう

目の下のたるみの主原因は、「肌弾力の低下」と「目の周りの筋力低下」の2つです。どちらも年齢を重ねるごとに衰えてしまうものです。

肌弾力の低下
肌の奥にある真皮層に、コラーゲン・エリスチン・ヒアルロン酸が十分にあれば、肌に柔軟性・弾力性が生まれ、たるみは生じにくくなります。

年齢とともに、これらの成分を作り出す機能が低下するため、肌弾力が低下してハリがなくなり、たるみが生じてしまいます。

眼輪筋の筋力低下
眼球の重みを支えている眼輪筋が弱くなると、眼球の下にある眼窩脂肪が押し出されるように前に出てしまいます。この膨らみが目の下のたるみとなります。

年齢を重ねるごとに目元の筋力は弱くなります。特に、無表情で過ごすことが多い人は、表情筋を使う頻度が少なく、たるみがちになります。

また、次のような生活習慣は、目の下のたるみを悪化させる原因となります。

  • 長時間のPCやスマホ作業
  • 寝不足、腎臓機能の低下、喫煙
  • 日焼け、乾燥、肌のこすりすぎによる刺激

目の下のたるみ解消方法:7つの対策

目の下のたるみができてしまったら、ひどくならないうちにケアをして対策しましょう。「肌にハリを与えるケア」や「表情筋を強化するケア」を7つご紹介します。

目元用化粧品 目元専用の保湿アイテムを使い、美容成分を肌にしっかり届ける
サプリメント 「コラーゲン」「プラセンタ」などを取り入れ、インナーケアをする
表情筋エクササイズ 眼輪筋などの表情筋を動かし、たるみの原因である筋力低下を防ぐ
ツボ押し 血流をよくして老廃物を流し、たるみやクマを解消する
マッサージ リンパや血液の流れを改善し、硬くなった筋肉や皮膚を柔らかくする
美顔器 「肌内部への美容成分導入」と「表情筋エクササイズ」が1台で可能
エステ 高品質の美容器具・美容用品を使ったプロの手技が受けられる

どの対策も継続することに意味があります。自分にあったケアで、目の下のたるみを改善しましょう。

即効性のある方法:たるみを目立たなくするテクニック

「朝起きたら目の下のたるみがひどい!!」という時、「メイク」や「リフトアップテープ」でたるみを目立たなくすることができます。

メイク
  • コンシーラを使う:
    目元用のコンシーラを使うと、クマやくすみ、たるみをカバーできる。
  • ポイントメイクでカバーする:
    アイラインやチークの入れ方を工夫して、たるみをカバーする。
  • 口紅やチークを目元に使う:
    オレンジや赤色を目元に使うことで、クマやたるみをカバーできる。
リフトアップテープ
皮膚を引き上げるテープを使うと、目の下のたるみを持ち上げることができます。長時間使用すると皮膚トラブルを起こす恐れがあるので、使用頻度に気をつけて使いましょう。

治療:美容外科・皮膚科でおこなえる4種の治療方法

目の下のたるみを根本的に治したい場合には、美容外科や美容皮膚科での治療が必要になります。

治療には、「注入治療」「切らない脱脂術」「下眼瞼切開術」「糸治療・光照射」の4種類があります。
注入治療
目の下がたるんでくぼんでいるタイプにオススメの治療法。くぼんだ部分にヒアルロン酸や脂肪などを注入し、たるみを解消する。
切らない脱脂術
眼窩脂肪が前に押し出て膨らんでいるタイプにオススメの治療法。「経結膜脱脂法」や「裏ハムラ法」で膨らんだ部分の脂肪を取り除く。下まぶたの裏から手術を行うので、傷口が目立ちにくい。
下眼瞼切開術
目の下に脂肪が押し出ていて、さらに皮膚が緩んでハリがない場合にオススメの治療法。まぶたの表からたるんだ皮膚を切り取り、肌を張った状態で縫い上げる。切らない脱脂術よりも確実にたるみを取り除くことができる。
糸治療・光照射
軽度の皮膚の緩みでたるみが生じている場合におすすめ。特殊な糸を埋め込んだり、コラーゲン生成を促すライトを当てることで、肌のハリを取り戻す方法。

予防:目の下のたるみを防ぐ5つの意識

では、最後に目の下のたるみを予防する5つの方法をご紹介します。目の下のたるみ予防には、「基礎化粧品でのお手入れ」と「表情筋のエクササイズ」が重要です。

1.乾燥対策
目元の皮膚は、ゆで卵の薄皮程度の厚みしかなく、とても乾燥しやすい部位です。アイクリームやパックなどを使って、しっかり保湿することで、肌のハリを守ります。
2.肌への刺激を抑える
クレンジングの時などに目をこすったりしてしまうと、皮膚に負担がかかってたるみが生じやすくなります。「アイメイクのクレンジング」「マッサージクリームを使うとき」には、力加減に注意しましょう。
3.紫外線対策をする
紫外線に含まれるUV-Aは肌にダメージを与え、たるみを引き起こす原因となります。UV-Aは季節を問わず降り注ぐので、日焼け止めクリームや帽子・日傘・サングラスなどで、一年中対策をしましょう。
4.目元の筋力を上げる
年齢とともに衰える眼輪筋などの表情筋を鍛えることで、たるみを予防することができます。マッサージやツボ押しなどで血液やリンパの流れを促し、筋肉を温めてほぐしてからエクササイズするのがおすすめです。
5.生活習慣を改善する
生活習慣を見直すことで、目の下のたるみへの影響を和らげることができます。パソコン・スマホの画面を長時間見ない、睡眠をしっかりとる、食事の内容に気をつける、禁煙するなどを心がけましょう。

目の下のたるみは早めのケアで解決!

できてしまった目の下のたるみは、鏡を眺めているだけでは治りません!できてしまった原因を見直し、改善できるように対策をしましょう。

特に、年齢を重ねた私達にとっては、1日も早くケアをはじめることが重要です。対策が遅くなればそれだけ悪化してしまうことも否めません。

大切なお出かけの日には、たるみを目立たなくさせるテクニックも役だってくれることでしょう。いくつになってもキレイを諦めずにいましょうね。

Topics目の下のたるみ

目の下のたるみはメイクで賢く隠そう!輝く目元のメイク術を徹底解説

年齢を重ねるごとに目立ち始める「目の下のたるみ」。たるみを隠そうと必死にメイクをしても、なんだか余計に目立ってしまう…そんなあなたに朗報です! 目の下のたる…

目の下のたるみにマッサージ!リンパを整える方法とフェイスリフト法

目の下のたるみがひどいときにマッサージを行うと、目の下がスッキリします。これは、リンパや血液の流れが良くなり、溜まっていた老廃物が流れるからです。 この記事…

目の下のたるみケアに美顔器!自宅でできる手軽さと高性能が魅力

今、家庭用の美顔器は多くの人から関心を集め、どんな女性でも手に取りやすくなっています。自宅に居ながら、エステのようなケアができるのが魅力です。 また、美顔器…

エステで目の下のたるみを徹底ケア!目元のブヨブヨはプロにお任せ

自己流で目の下のたるみが解決できずに悩んでいる方にオススメなのがエステです。プロの手技や高品質の美容液・美顔器による施術を受けることで、高い効果が期待できます。 …

目の下のたるみに即効性のある方法!お出かけ前に可能な2つのワザ

懐かしい仲間に会う同窓会など、どうしても今すぐに目の下のたるみをなんとかしたい!と思う時がありますよね。 >そんなときには、「メイク」や「リフトアッ…

目の下のたるみ改善にサプリ!コラーゲンやプラセンタでインナーケア

目の下のたるみをなんとかしたいなら、アイクリームなどでの外側からのケアに加えて、サプリによる内側からのケアを取り入れたいものです。 コラーゲン、プラセンタ、…

化粧品で目の下のたるみを解消!アイクリームや美容液で目元にハリを

アイクリームや目元用美容液は、目の下のたるみに効果が期待できる化粧品です。目の周りの皮膚はとても薄いため、顔の他の部分よりも念入りにケアをする必要があります。 …

目の下のたるみに効くツボ押し!8つのツボと効果を上げるためのコツ

東洋医学において、ツボ押しは血行を促進し、美容や健康に効果があると考えられています。目の下のたるみに効くツボを押すと、目元のくすみが消え、顔色がワントーン明るくな…

目の下のたるみには眼輪筋トレーニング!若々しくハリのある目元に

眼輪筋やそのまわりにある筋肉を鍛えると、目の下のたるみを解消する効果が期待できます。ただし、自己流のトレーニングでは、かえって逆効果になってしまう場合があります。…

目の下のたるみに効く成分!化粧品とサプリの使い分けで老け顔克服

目の下のたるみを改善するには、化粧品とサプリを上手に利用することが大切です。でも、どの成分を取り入れればよいのか、迷ってしまいますよね。 ここでは、目の下の…