アラサーメイクに悩んでない?手抜き感のない大人ナチュラルメイク術

アラサーになってから、メイクに悩む女性は少なくありません。若い頃のメイクでは、しっくりこなくなってきますよね。

大人の魅力が溢れ出てくるアラサーは、落ち着きのあるナチュラルなメイクがおすすめ!でも、ナチュラルメイクは手抜き感のある仕上がりになりがち…。

そこで、手抜きメイクに見えないメイク術をご紹介します。肌悩みをしっかりカバーしながら、美肌に魅せるコツがあるんです。

また、メイク時に気をつけたい3つの注意点も解説していきます。魅力的なアラサーメイクを完成させるために、ぜひ参考にしてくださいね。

アラサーメイクの基本は3つ!大人女子の魅力を引き出す

アラサーに突入した途端、「なんだかメイクの仕上がりに違和感を感じる…」という女性は意外と多いはず。

アラサーになったら、今までのメイクを見直して大人の女性らしい仕上がりを目指すと◎。ここではアラサーメイクのポイントを3つご紹介します。

ナチュラル感がポイント!美肌に魅せる工夫が大事

アラサーは、肌の衰えを感じ始める年齢。乾燥やシワ、シミなど肌トラブルも増えていきますよね。肌の衰えを隠そうと、つい厚塗りになっていませんか?

アラサーの肌を美肌に魅せるには、あえてナチュラル感を出したメイクが大切。肌トラブルをカバーしながら、ナチュラルを演出する工夫が必須なのです。

ファンデーションだけに頼らず、下地やコンシーラー、ハイライトを活用して美肌を作ることが鉄則になります。

血色をよくして健康肌に魅せる!チークでリフトアップも期待

年齢を重ねると、肌はくすみがちになりますよね。メイクも、夕方になるとくすみが目立ち始めて、老け顔まっしぐら…なんてことも。

くすみをしっかり消して、血色の良い肌作りもアラサーには必要です。また、健康肌に魅せるためには、チークの使い方がポイント!

チークは、リフトアップ効果も期待できるので賢く使いたい重要アイテムと言えます。顔の輪郭で気になる部分をカバーするときもチークが決め手なのです。

自然な色気も欲しい!大人女子に似合うメイクを知る

メイクは、アイシャドウやリップの色、眉毛の形などで見た目の雰囲気がガラリと変わりますよね。年齢に合ったメイクは、自然な色気も演出できます。

10代や20代にしていたメイク方法では、色気よりも逆に老け顔に見られる可能性も。アラサーに合った大人女子の魅力を引き出すメイクは大切なのです。

若々しく魅せるには、やっぱり美肌作りが必須。また、濃いアイメイクは目元の老化を目立たせてしまうので要注意。

アラサーのベースメイクは潤いとカバー力がポイント

アラサーのメイクで一番重要とも言えるベースメイク。ナチュラルで薄づきなのに、しっかり肌悩みもカバーできていることがポイントです。

ここでは、アラサーのベースメイクで大切なポイントを3つご紹介していきます。美肌を目指して、ぜひ試してみてくださいね。

まずは徹底した保湿でメイク崩れを防ぐ

アラサーの肌は、シワやくすみが目立ち始めるため、メイク崩れの原因になってしまいます。メイク崩れを防ぐには、徹底した保湿が大切になります。

メイクは、スキンケアから始まります。正しいスキンケアができていると、素肌も美しくなるので一石二鳥ですよ。

アラサーの肌悩みで多いのが、目元周りのシワやくぼみ。顔全体の保湿はもちろん、目元の悩みに特化した「アイクリーム」での保湿も欠かせません。

アイクリームは、美容成分と保湿成分に優れているため、目元の悩み解消に最適。若々しい目元を取り戻すアイテムとして、とてもおすすめですよ。

下地でくすみを消して美肌へ導く土台作り

化粧下地の役割は、肌の凹凸をカバーしたり、メイクのノリを良くするほか、肌の色を補色する効果があります。

アラサーは肌のくすみも気になるので、コントロールカラーの下地を使うと◎。カラーによって、得られる効果が異なるため、下記を参考にしてくださいね。

  • くすみ:イエロー系
  • 赤みやニキビ跡:グリーン系
  • 血色感:ピンク系
  • 透明感:パープル系
  • 目の下のクマ:オレンジ系
ファンデーションを塗る前の下地で、気になる肌悩みをカバーできていることがポイント!ベースメイクの土台作りは、丁寧に行うことが大切です。

薄づきファンデーションで透明感のあるすっぴん肌を目指そう!

アラサーのメイクは、とにかく薄づきに!厚塗りは老け顔への第一歩です。コントロールカラーでしっかり土台作りができていれば薄づきでも大丈夫なのです。

透明感のあるすっぴんのような肌に魅せるには、下地もファンデも顔全体に塗ってしまわないこと!気になる部分にだけ塗ることで、薄づきを叶えます。

下地の効果でメイク崩れを防ぎ、さらにファンデも薄づきだから崩れにくく一石二鳥。ファンデーションは保湿力やカバー力に優れたものを使いましょう。

仕上げはハイライトでツヤ感UP!

ファンデーションを塗った後に、フェイスパウダーで軽く押さえ、最後の仕上げにハイライトで艶肌を演出しましょう。

ハイライトは、Tゾーン・頬骨の高い位置・あごの3か所に入れるのが基本です。手の甲で量を調節しながらツヤ感を作ると、自然と肌に馴染んで◎。

ハイライトの種類は、主にパウダー・クリーム・スティックの3タイプ。その中でもクリームタイプは潤い効果も期待できるのでアラサーにおすすめです。

アラサーのアイメイクは明るさと目力重視で仕上げる

目力といえば、濃いアイシャドウにギリッと引いたアイラインというイメージですよね。しかし、アラサーになったら、目力の強調の仕方にコツがあるんです。

年齢を重ねた目元は、老けて見える要因だからこそ慎重になりたいパーツ。それでは、アラサーにおすすめのアイメイクのポイントを見ていきましょう!

単色アイシャドウで目元のくすみを抑える

アラサーのアイメイクは引き算メイクがポイント!ナチュラルに仕上げて艶っぽい目元に仕上げることが理想です。

アイシャドウは単色仕上げにすると、目元のくすみを目立たなくして明るい印象を演出できます。

アラサーの目元におすすめのカラーは「オレンジブラウン」。華やかでありながら、パッと明るい目元に仕上げてくれます。オレンジはくすみ隠しにも◎。

  1. アイシャドウをアイホール中心に置きます。
  2. ワイパーのように動かして全体に広げましょう。
  3. 目尻側にだけもう一度アイシャドウを置いて目のキワを埋めるイメージで馴染ませます。
  4. まぶたの下は、目尻から1/3まで軽く同色を塗りましょう。

アイラインは点置きで自然な目力を演出する

目力を演出するために重要なアイライン。アラサーにおすすめのアイライナーカラーは「ブラウン」です。

太く引くアイラインはもう卒業。アラサーからは、細く引くのが鉄則です。アイライナーの種類は、ブラウンならリキッドでも自然に見えて◎。

  1. まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、アイライナーを点置きしていきます。
  2. 目尻側は、跳ね上げず目のキワに沿って5㎜程度延ばして引きましょう。
  3. 下まぶたは目尻から1/3まで、目のキワを点置きで埋めます。

マスカラはまつ毛の長さを意識する!濃さより長さがポイント

最後はマスカラで目力をプラス。しかし、濃さより長さを強調した塗り方がポイントです。マスカラカラーはブラックで、繊維入りがおすすめ!

アラサーになって、まつ毛が薄くなってきたという人は、まつ毛エクステで自然な長さを出すのも◎。

  1. まつ毛コームで梳かして毛並みを綺麗にします。
  2. ビューラーでしっかりまつ毛を持ち上げましょう。
  3. マスカラ下地を満遍なく塗ります。(繊維入りの下地もおすすめ)
  4. まつ毛が扇状に広がるように、マスカラを塗っていきます。
  5. 下まぶたは、ブラシを縦にして塗りましょう。

アラサーの眉毛はナチュラルな大人眉で垢抜け感を演出

眉毛は、見た目の印象を大きく変える重要な部分。細眉や太眉、くっきり作った眉山など、眉毛の形によって人のイメージがガラリと変わりますよね。

そこで、アラサーに似合う眉毛の形や、ナチュラルに描く方法をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

太眉で目力UPをサポートする

アラサーは、大人の女性の雰囲気を大事にしたいので、太めの平行眉でナチュラルな印象が◎。太眉は、目元の印象も強くするためアラサーにおすすめです。

  1. アイブロウパウダーをブラシに取って、眉毛の下のラインを決めます。
  2. 眉頭から少し離した部分から、眉毛の足りない部分を塗りつぶしていきます。
  3. 眉尻はナチュラルな仕上がりになるように、だんだん細くしましょう。
アイブロウは、ペンシルよりパウダーの方が自然な仕上がりになります。のっぺりとした印象の眉毛は不自然に見えてしまうので、ふんわり感を演出すると◎。

眉マスカラでこなれ感をプラス!色の調整も重要ポイント

アイブロウパウダーで眉毛の形を整えたら、仕上げに眉マスカラを使って上手に輪郭をぼかしてみましょう。

また、眉マスカラのカラーは自分の髪色より少し明るいくらいがマスト。顔にしっかり馴染んで、こなれ感を演出できます。

  1. 眉毛の毛並みと逆方向に眉マスカラを塗っていきます。
  2. 今度は、毛並みに沿って綺麗に整えながら塗りましょう。

アラサーのリップは肌を明るく魅せてくれるカラー選びが大切

アラサーのメイクはナチュラル感が基本。だからといって、リップを塗らないのはタブーです。しっかりリップを塗って、色気ある唇を演出しましょう。

ここでは、アラサーにおすすめのリップカラーや、リップケアの方法をご紹介。ガサガサ唇はリップのノリも悪くなりますよね。しっかりケアしましょう。

ツヤありでほんのり色気の演出を忘れない

アラサーは、リップのカラーに要注意です。くすみカラーを付けると、顔の印象がぼやけるだけでなく、老け顔にも見えてしまいます。

アラサーは、思い切って明るい色をチョイスしてみると意外とマッチして◎。赤リップなど挑戦しにくいカラーもアラサーになると馴染むようになるのです。

赤リップでなくても、コーラル系やベージュピンク、カシスボルドーは肌を明るく魅せてくれる効果があるのでおすすめですよ。大人の唇を演出しましょう。

リップケアしてふっくら唇を維持しよう!

せっかくベースメイクやアイメイクを完璧にしても、唇がガサガサしていたら見た目も残念な印象になってしまいますよね。

大人の女性として、唇のケアは欠かさず行いましょう。ここでは、手軽にできるリップケアをご紹介します。

  1. 小さめのタオルを水に濡らして軽く絞り、レンジで1分加熱し蒸しタオルを作ります。
  2. 唇に蒸しタオルを当てて、ガサガサしている部分をふやかしましょう。
  3. タオルを外して、バセリンを塗ります。
  4. 小さくカットしたラップで唇を覆い、10分程度放置しましょう。

唇をパックしてあげると弾力のあるふっくら唇に。毎日のスキンケアと一緒に、リップケアもぜひ取り入れてみてくださいね。

アラサーになったら気をつけたいメイク時の注意点

20代の頃に比べると、30代は大人の女性としての魅力が出てくる年齢。それとともに、肌の変化も著しく、メイクでカバーしたい部分が増えてきます。

そこで、アラサーになったらメイクで気をつけたい3つの注意点を解説します。しっかり把握しておきましょう。

痛メイクに要注意

10代や20代の時と変わらないメイクはタブー。周りから見て「あの人、イタイ…」と思われてしまいます。

アラサーになったら、アイシャドウの色やファンデーションのタイプなど、メイクアイテムの見直しをしてみましょう。

大人の女性らしい落ち着いたメイクは、アラサーの魅力を引き出してくれます。若い頃と同じメイクをしていると、逆に老け顔に老け顔に見られるので要注意。

厚塗りは老け顔の原因になる

肌悩みをカバーしようと、厚塗りメイクになってしまうと老け顔に。メイク崩れもしやすくなってしまうので気を付けましょう。

厚塗りは、ファンデーションだけではありません。濃すぎるアイメイクも要注意。アラサーはナチュラル感を意識するのが鉄則です。

ファンデーション前の肌の土台作りをしっかり行えば、厚塗りしなくてもきちんと肌悩みをカバーできます。

UVカット効果のあるメイクアイテムを使う

紫外線は肌の大敵です。乾燥だけなく、シミやシワなども招いてしまいます。年中降り注いでいる紫外線から、しっかり肌を守りましょう。

日焼け止めクリームを使用するほか、下地やファンデーションにもUVカット効果があるアイテムを選ぶと◎。

アラサーメイクは美肌にこだわってナチュラル仕上げに!

とにかく美肌にこだわりたいアラサーメイク。透明感のある若々しい肌作りをすれば、メイクの仕上がりも格段にUPします。

潤いのあるアイテムを基本に、夕方になっても崩れないメイクを心がけましょう。化粧下地をしっかり使って、肌の色も調整してくすみ防止も忘れずに!

ナチュラルメイク=手抜きメイクにならないよう、明るいリップで華やかさをプラスしてくださいね。

さっそく今日からアラサーメイクをアップデートしてみませんか?ナチュラル仕上げで、美しいアラサーの魅力を引き出していきましょう。

コメントする