ダイエット後のリバウンドは知識不足が原因?減量後の体重維持のコツ

ダイエットでリバウンドするのは「ダイエットの知識不足」が原因かも?知識がないままダイエットに挑戦すると、健康にも良くありませんよね。

体重の減量に成功した後、あなたはどのように過ごしていますか?ダイエットは減量することよりも、実は減量後の体重をキープする方が難しいのです。

そこで、努力して手に入れた理想の体型を維持するために、リバウンドしないダイエットのポイントをご紹介!

適切な食事方法や体重キープに効果的な運動、脂肪がつきにくい生活習慣など、ダイエットの正しい知識を把握してリバウンドするのを防ぎましょう!

リバウンドする原因を知って解決策を見つけよう!

ダイエットに成功して喜びもつかの間…ダイエット生活が終わると体重がどんどん増えて行き、結局元の体重に戻ってしまい完全にリバウンド。

そんな経験を繰り返していると、実は太りやすい体質になってしまうんです。リバウンドする原因を探って、理想の体型をキープしましょう!

タンパク質不足で筋肉量が低下する

ダイエットは、ある程度の食事制限が必要。しかし、制限をしすぎるとタンパク質が不足しやすくなります。

もともと、日本人はタンパク質の摂取量が足りていないと言われていますが、ダイエットによってさらに不足してしまうのです。

タンパク質が不足すると、筋肉量が低下。また、ダイエットのために糖質の摂取量も減るため、さらに筋肉量が低下します。

筋肉は、カロリーを燃焼してくれる大切な役割があります。しかし、筋肉量の低下によって代謝が落ちているため、前よりも太りやすい体質になるのです。

ホメオスタシスが機能して脂肪を蓄積する

ダイエットを始めて順調に減量できていても、ある時から体重が減らなくなった経験がある人は多いはず。これは、「停滞期」が訪れたサインです。

停滞期は、生命を維持する機能であるホメオスタシスが働くことで起こります。ダイエットにより脳が飢餓状態と察知して、体脂肪を蓄積しようとするのです。

このホメオスタシスは、ダイエット終了後も機能し続けるため、通常の食事での栄養分をしっかり蓄えてしまうことでリバウンドしてしまいます。

ダイエットによるストレスの反動で過食してしまう

ダイエット中は、食べたいものを日々我慢して理想の体型に近づくために努力する人が多いですよね。しかし、我慢ばかりのダイエットは過食の原因に。

ダイエットに食事制限は大切ですが、食欲を我慢しすぎるのはNG。ダイエットが成功しても、ストレスで一気に過食まっしぐら…なんてことになりかねません。

無理な食事制限は、リバウンドを引き起こしてしまう大きな原因となります。ストレスを上手に解消しながらできるダイエット方法が◎。

ダイエットで低下したレプチン分泌量が正常に戻るのは1か月後

レプチンとは、いわゆる「満腹ホルモン」のこと。ダイエット中は、食事量が少ないことにより、レプチンの分泌量も低下します。

レプチンの分泌量が低下すると、満腹感があまり得られなくなり、ダイエットを終了しても正常の分泌量に戻るまでに約1か月かかると言われているのです。

そのため、ダイエット後に通常の食事をしても、なかなか満腹感を得ることができず、食べ過ぎてしまいます。

リバウンドしないための5つの心得

ダイエットに成功したのに、リバウンドなんてしたくありませんよね。日々の努力が水の泡になるのは、誰も望んでいません。

そこで、リバウンドしないために心得ておきたい5つのポイントを五章j会します。しっかり把握して、リバウンドしないダイエットを実践してくださいね。

結果を早く求めすぎない

ダイエットしていると、どうしても結果を早く求めがちに。過度な食事制限でダイエットを行うと、リバウンドしやすくなります。

過度な食事制限は、栄養不足になり健康にも良くありませんよね。リバウンドしないためには、健康的にダイエットを行うことも大切なのです。

減量だけにとらわれない

減量にばかり執着してしまうと、ホメオスタシスが働いてしまいます。ホメオスタシスは、1か月に体重の5%以上の減量で働く仕組みになっています。

ダイエットは、減量したくて実践するもの。しかし、ホメオスタシスが働くと、脂肪を蓄えようとしてしまうので要注意。

ダイエットの目標をしっかり決める

ダイエットを成功させて、その後のリバウンドを防止するためには、しっかりダイエット計画を立てることが大切です。

1か月に減量する数字は、体重の5%までに設定し、停滞期に突入してもレプチンが正常に戻るまでダイエットを続けましょう。

日々の生活の中で絶対譲れないものを把握する

「これだけは譲れない!」というものはありますか?毎日チョコを食べたい!とか、面倒なことは無理!など、なくなるとストレスを感じるものは?

ダイエットにストレスは天敵。様々なダイエット方法がある中で、自分の譲れないものを大切にできるダイエットを探してみましょう。

筋トレと食事が肝心

ダイエットは、減量することよりも、減量後の体重をキープすることの方が難しいのです。約60%以上の人が、リバウンドを経験していると言われています。

減量後の体重をキープするには、ダイエット中の筋トレと食事内容がポイントになってきます。筋肉量を保つことは、ダイエットに必須なのです。

ダイエットのリバウンド防止に適切な食事方法

ダイエットは、運動と正しい食事方法が重要。食事制限は、基本のルールに沿って行うのが鉄則です。

ダイエット中の食事制限のルールをしっかり把握し、ダイエット成功後の体重をキープできるように心がけましょう。

バランスの良い食事で栄養をしっかり摂る

減量したいからと、あれもこれも制限をかけてしまうのはNG。体は栄養不足となり、ダイエット後の食事で一気にリバウンドしてしまいます。

ダイエット中から、しっかり栄養を摂ることが大切なのです。レプチンの分泌量低下をなるべく防ぐ食事をするには、栄養不足は天敵。

ビタミンやミネラル、タンパク質などもしっかり摂取して、バランスのとれた食事を心がけましょう。

1日の摂取カロリーが、消費カロリーより少なくなるように設定することを忘れないようにしてくださいね。

自炊することが大切

ダイエットには、やはり自炊が大切。脂質の調整や栄養のバランスを上手に設定するには、自炊が一番です。

リバウンドを防ぐためにも、偏った食事ではなく、しっかり栄養が摂れるようにしましょう。

自炊は、リバウンド防止だけでなく健康にも最適。健康的にダイエットができると、ダイエット終了後の食生活も一変することなくリバウンドしにくくて◎。

間食するのはOK!でも食べるものに要注意

ダイエット中だからといって、お腹が空いても間食はダメ!と我慢していませんか?実は、ダイエット中でも間食するのはOKなんです。

しかし、食べる内容が重要。ポテトチップスなどのお菓子類はNGですが、少しお腹を満たすために、ナッツ類やチーズ、果物などがオススメです。

1日の間食で摂取して良いのは約200kcalまで。例えば、りんごなら1個で約150kcalです。間食でも栄養を摂取することを心がけましょう。

ダイエット終了後は徐々に食事量を増やしていく

ダイエットが成功しても、一気に食事量を増やすのは厳禁。ダイエット後の食事の摂り方がリバウンドを左右します。

1品の量をほんの少しずつ増やしていき、1週間ごとにさらに増量。通常の食事量に一気にせず、徐々に行うのがポイントです。

毎日体重計でチェックをし、ちょっと増えすぎかなと思ったら、増やす量が多いかもしれません。上手に調整しながら、体重をキープしていきましょう。

運動の習慣化が大切!効果的な運動を把握しよう

ダイエットで運動は欠かせないものの一つ。しかし、効果のない運動をしていても意味がありません。

ダイエットはもちろん、ダイエット後のリバウンド防止にもなる効果的な運動を継続していくことがポイントになります。

無酸素運動と有酸素運動の組み合わせがポイント

ダイエットする上で、どんな運動でも良いわけではありません。無酸素運動と有酸素運動の組み合わせが効果的であり、リバウンド防止の対策にもなります。

  • 脂肪を燃やす無酸素運動:スクワット・背筋・腹筋など
  • エネルギーを燃やす有酸素運動:ジョギング・ウォーキング・水泳など

効率的に運動をするなら、無酸素運動を行ってから有酸素運動をするのがベスト。脂肪を燃焼させてから有酸素運動をすると効果的です。

減量後のオススメは、スクワットなどの筋トレ・踏み台昇降エクササイズを30秒ずつ3セット行い、筋肉量を落とさないようにしましょう。

継続できる運動を見極める

人は、それぞれ性格も違いますよね。また、運動を実践できる時間が限られている人もいるでしょう。

運動は継続することが大切なので、「これなら続けられる!」というものをチョイスすることが大切。自分の性格に合った運動を見極めてくださいね。

ダイエット終了後も運動の習慣化がリバウンド防止には重要なのです。1日の運動量より、継続していくことを心がけてみましょう。

ダイエット以前に正しい生活習慣を送ることが重要

正しい生活習慣は、健康だけでなく体型の維持や痩せやすい体作りに大切。日々の習慣を見直して、ダイエット後のリバウンドを防ぐ生活を送りましょう。

ここでは、リバウンド防止のために生活習慣で気をつけたい2つのポイントをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ストレス発散できるものを見つける

ストレスは、ダイエットにも健康にも悪影響。ダイエット中は、なるべくストレスが溜まらないように上手に発散することが大切です。

ストレスが蓄積されてしまうと、ダイエット終了後のリバウンド率が高くなる可能性も。ストレスは日々解消して、溜めないように心がけましょう。

趣味など自分時間を楽しむことで、ストレス発散するのもいいですね。ダイエットは、頑張りすぎないことがダイエット後の体型維持には必要なのです。

質の良い睡眠をとる

よく耳にする「質の良い睡眠」。質の良い睡眠とは、一体どういうことなのでしょうか?正しい睡眠を把握して、太りにくい体作りを目指しましょう。

質の良い睡眠は、脂肪を燃えやすくし食欲を抑制する効果が期待できます。睡眠時間は7~8時間確保できると◎。

睡眠時間が少ないと、睡眠中に分泌されるホルモンもバランスが崩れます。満腹ホルモンが減って、空腹ホルモンが多く分泌されてしまうのです。

そのため、睡眠不足は食欲を増進し、太りやすい体質を作ります。質の良い睡眠を心がければ、ダイエット後も痩せやすい体質を維持することができます。

ダイエット仲間を作るのもアリ!SNSを賢く活用しちゃおう

今や、SNSは他人とも手軽に繋がれるツールとしてたくさんの人が利用していますよね。このツールを利用して、リバウンドを防止するのもおすすめ!

ダイエット中も、お互いに情報交換や成果の報告などもできて、モチベーションUPに効果的です。ぜひ活用してみてくださいね。

モチベーション維持には意識改革も大切

ダイエット中はもちろん、ダイエット終了後もSNS仲間は大切。モチベーションを維持するために、仲間とつながっていることで意識改革もできます。

ダイエットの目標達成後の情報も交換していると、「元の自分には戻りたくない!」という気持ちが大きくなるはず。

自分1人では継続できないことも、ダイエット仲間との繋がりがあることで続けやすくなり、理想の体型をキープしなきゃ!と頑張れるかもしれませんね。

FacebookやInstagramでダイエット仲間を増やしてみよう!

SNSでダイエットに挑戦している人を見つけて、いいね!したりコメントを入れてみましょう。

ダイエットの悩みを聞いてもらったり、食事のメニューを投稿したりなど、日々のダイエット記録をSNSで公開していくのも◎。

「こんな風にストレス発散しているよ!」など、情報をもらうこともできるので、SNS上にダイエット仲間がいるとモチベーションも上がりますよね。

ダイエット後の経過も報告し合うなど、精神的にもリバウンド防止には最適なツールと言えます。

正しい知識があればダイエット後のリバウンドは阻止できる!

ダイエットで減量できれば、理想の体型を手に入れることができますよね。その成果をしっかりキープできれば、ダイエット成功!

減量後も体重を維持することが、ダイエットで一番難しいことです。リバウンドを阻止するためには、ダイエット中からの過ごし方が肝心。

健康重視の食生活と効果的な運動、生活習慣に加えて、ダイエットの正しい知識が必要なのです。

目標を達成したら、リバウンドしないように日々の習慣を乱さず理想の体型を維持して、健康的な毎日を過ごしてくださいね。

コメントする