運動ダイエットの仕組みを知ろう!運動嫌いでも効率よく痩せるために

効率よくダイエットしたい!と思ったときに、有効だと言われるのが「運動」です。日常生活に運動メニューを取り入れて、消費カロリーを増やすことができれば、体重を減らすことにつながるでしょう。

運動ダイエットを成功するためのポイントは、痩せるメカニズムを頭に入れた上で、自分に必要な運動を取り入れること。

部位や目的、自身のタイプに合わせた運動ダイエットを実践するために、知っておきたい情報をまとめます。

運動で痩せる!実践前にメカニズムを頭に入れよう

運動でダイエットをしようと思ったときには、まず「なぜ運動することがダイエットにつながるのか」を知っておくことが大切です。痩せるメカニズムがわかれば、運動へのモチベーションも高められることでしょう。

ダイエットで体重を落ちるときには、以下の二つのタイプが存在しています。

  • 脂肪が減る
  • 筋肉が減る

女性の理想のダイエットは、「脂肪を減らす」方。しかし食事制限で痩せようとした場合、体重が減るのは、主に「筋肉が減るため」なのです。

筋肉が減ってしまうと、人間の体は痩せにくく、そして太りやすい体質へと近付いてしまいます。全身の筋肉量が減ると、基礎代謝量が少なくなり、「何もしなくても消費されるエネルギー」が減少してしまうのですね。

運動によるダイエットであれば、「全身の筋肉量を減らすことなく痩せられる」というメリットがあります。運動により筋肉を増やすことができれば、さらに「痩せやすく太りにくい体」へと近付けていくこともできるでしょう。

運動によるダイエットが健康的と言われるのは、こうした理由によるものです。表面的な体重の数値だけではなく、確実に脂肪を減らしていきたい!と思う場合には、運動によるダイエットを実践するのがオススメです。

運動ダイエットなら、部位別ダイエットができる!

運動ダイエットのメリットといえば、「気になる部位を集中的に絞ることができる!」という点です。

体重が増えたわけではないのに、加齢と共に、なぜか体のタプタプ感が気になってしまう…!こんなときでも、運動ダイエットなら集中的にケアできます。

頑張って運動した分だけ効果が実感できますから、モチベーションアップにつながるりそうですね。

運動ダイエットで部位別ダイエットを行う際のポイントは、以下の2つです。

  • 痩せたい部位をハッキリさせること
  • 効果的な運動メニューを取り入れること

この2つを意識することで、理想のボディに近付けていけます。まずは自分の体を分析するところからスタートしましょう!

上半身ウエスト・二の腕・下っ腹・下半身・太もも・など・・・

筋トレダイエットは筋肉量が低下している方にオススメ!

運動でダイエットをする際には、まず筋トレダイエットからスタートするのがオススメです。いわゆる「無酸素運動」ですね。

無酸素運動とは、瞬発的に強い負荷をかけて行う運動のことを言います。強い負荷がかかることで、人間の筋肉はいったん傷つき、その後さらに成長していきます。

まず無酸素運動で筋肉量を増やすことで、有酸素運動でのエネルギー消費量をアップすることができます。

これらの筋トレは、自宅でも手軽に実践できますし、体への負担も少ないもの。ぜひ取り入れてみてくださいね。

有酸素運動ダイエットでカロリーを燃やそう

体に溜め込んでしまった脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動を取り入れるのが効果的です。

  • 全身をスッキリさせたい
  • 効率よく体重を落としていきたい

有酸素運動のメリットは、酸素を体内に供給しながら運動することで、エネルギーが燃えやすいという点です。

また無酸素運動のように「キツすぎる」ということがありませんから、長く継続的に運動できるという特徴があります。このため、じっくりと時間をかけて脂肪を燃焼させることができます。

有酸素運動としてオススメなのは、以下のような運動メニューです。

有酸素運動ダイエットで大切なのは、継続していくこと!生活スタイルに合わせて、取り入れやすいメニューを選択してみてください。

自宅で運動ダイエットなら、運動嫌いさんも大丈夫!

ウォーキングやジョギングが有酸素運動の定番ですが、「暑い時期や寒い時期に外に出るのは嫌」「周囲の人の目が気になってしまう」なんて方もいるはずです。

ちょっとした工夫を凝らすことで、有酸素運動は家で行うことも可能となります。運動が苦手でも、ハードルが下がることでしょう。

自宅で運動をするときには、適切な器具を取り入れてみてください。最初にコストはかかりますが、

  • テレビを見ながら運動
  • 家族と会話をしながら運動

など、「ながら運動」をすることも可能!運動が苦手で続けにくい……という方にとっても、魅力的な方法だと言えるでしょう。

趣味も活用!家の外でのオススメ運動ダイエット

家の中で運動するのは、手軽でオススメ。しかし「いつも家」では、モチベーションも下がってしまうことでしょう。こんなときには、家の外へお出かけしてみましょう。

家の外では、自分の趣味とからめて、運動を取り入れるのがオススメです。意外な趣味が、運動ダイエットにつながることもあります。

どんな趣味がダイエットにつながりやすいのか、考えながら挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

運動でダイエットは、自分に合う方法を組み合わせるのが最強

運動ダイエットを成功させるコツは、とにかく継続することです。継続すればするほど、理想のスタイルへと近付いていけることでしょう。

自分にとって必要な運動内容を知った上で、ぜひ好みの運動を取り入れてみてくださいね。気になるメニューを組み合わせて実践するのもオススメですよ。

Topics運動してダイエット

上半身ダイエットですっきりボディに!健康の為の体作りでメタボ解消

上半身は、年齢を重ねるとともに脂肪がつきやすくメタボ体型になりがち。さらに、ダイエットしても脂肪が落ちにくいため、諦めてしまう人も多いのでは? 上半身ダイエ…

ウエストダイエットは腹斜筋がカギ!脂肪を落とすコツとエクササイズ

ウエスト周りの脂肪が気になって、ダイエットに挑戦したことのある女性は多いのではないでしょうか? そのダイエットで効果を実感できましたか?ウエスト痩せには、集…

クロスバイクで足を太くしないダイエット方法のポイントは回転数

スポーツタイプの自転車の中でも、比較的乗りやすいクロスバイクに乗っている人を見かけることも増えました。 いわゆるママチャリやシティサイクルとくらべると、より…

ウエストダイエットはひねる運動がポイント!美くびれを作る最短方法

ウエスト周りのぜい肉に悩んでいる女性は少なくありません。加齢とともに増える脂肪や、たるんだお腹は、見た目にも気になるもの。 ウエストダイエットに挑戦してみた…

飛んでるフリのエア縄跳びは屋内でできるから天候は関係なし

子どものころは遊びとして楽しくできた縄跳びは、有酸素運動であり、さらに消費カロリーも思っているよりも高いため、ダイエット効果が高くなっています。 ですが、大…

意外に消費カロリーが少ないジョギングダイエットで効果を出す方法

ジョギングといえば、ダイエット効果が高そうな運動です。ところが、ジョギングをはじめても体重が減らず挫折する方も多くいます。どうしてでしょうか。 ジョギングを…

タバタ式トレーニングとは?短時間で効率よく体を鍛えるダイエット

タバタ式トレーニング、あるいはタバタ・プロトコルとは、もともと日本で生まれたスポーツ選手向けのトレーニング方法です。 立命館大学教授の田端泉氏が、スピードス…

ウォーキングでダイエット効果を出すための距離と時間と歩き方

ダイエットのためにウォーキングを行う方も多くいますが、より効果を実感できるウォーキングの方法を知りたいと思いますよね。 歩く距離や時間、そして歩き方など、ダ…

自宅でのダイエットを効率的に行える目的に合わせた器具選び

通販でも人気が高いダイエット器具には様々なものがあります。自宅でダイエットを行う際には、このような器具を活用することもおすすめです。 器具の種類がありすぎて…

運動をして行う自宅ダイエットは続けられるようご褒美も選ぼう

自宅で運動をすることでダイエットにチャレンジする場合、どのような運動を取り入れるかという点も大切ですが、実は誘惑に負けないことがとても大切です。 自宅でのダ…