顔のシワはシワ毎にケア方法を変えるのが正解!シワの種類と対処法を知ろう

年齢とともに気になるのが顔のシワ!目尻・口元…数も増えて、一つ一つのシワが深くなっていませんか?

同じ顔にできていても、それぞれのシワによって原因が違います。当然お手入れ方法も変わります!

年齢肌対策の化粧水やクリームを塗り込む「セルフケア」が、お悩みのシワに効くとは限りません。

顔の各シワの特徴を知って、今後の対策を立てましょう!

セルフケアで対策できる可能性が高いシワ

まずは、日頃のスキンケアや生活習慣の改善で、対策できる見込みのあるシワをご紹介します。

シワが深くなる前に、丁寧に対処をしていきましょう!

目の下の「ゴルゴライン」は、保湿・紫外線対策を!

目頭から頬の中心にかけて、斜め下にできるシワを「ゴルゴライン」と呼びます。

【イラスト化画像2-1】
出典:http://www.rederm.com/indian_line/

主な原因は以下です。

  • 加齢や紫外線の刺激を受けて、肌の弾力が低下してたるむ
  • 頬の筋肉が衰える
  • 目の下部にある脂肪が肥大化し、垂れ下がる

対策としては、保湿と紫外線対策を念入りに行ってください。

また、いつも無表情なこともゴルゴラインの生成に繋がります。顔の筋肉が衰え、また脂肪がつく原因にもなるからです。

しかし、表情を作りすぎると、後述の「表情シワ」の原因になる可能性もあります。極端にならないよう気を付けてください。

唇からあごの「マリオネットライン」は生活習慣の改善を!

マリオネットラインは、腹話術で使うマリオネット人形の口のように、唇の両脇からあごに伸びる2本の線です。

【イラスト化画像2-2】
出典:http://www.rederm.com/marionette_line/

主な原因は以下です。

  • 頬の脂肪が下がる
  • 広頸筋(こうけいきん)のたるみ
  • 口角下制筋(こうかくかせいきん)が硬くなる・縮む

広頸筋(こうけいきん)は、口元から下あご、首にかけて広がる薄い筋肉です。緩むと頬の皮膚や脂肪が下がる原因になります。

【イラスト化画像2-3】
出典:https://www.cosme.net/beautist/article/2194299

口角下制筋(こうかくかせいきん)とは、口を「へ」の字にしたときに口角を引き下げる筋肉です。加齢により柔軟性が失われ硬く縮まることで、口角が下がったままになります。

【イラスト化画像2-4】
出典:https://magico.store/style/1361/

対策としては生活習慣の改善にあります。以下の事柄をやめ、肌や表情筋に過度の負担をかけないようにしましょう。

  • 睡眠不足
  • たばこ
  • 片側の歯で咀嚼する癖(片側だけマリオネットラインができやすいため)

浅い小じわ「ちりめんじわ」は乾燥対策を!

ちりめんじわは、表皮(肌の表面)に浅くできる小じわです。

【イラスト化画像2-5】
出典:https://b-style.online/?p=1734

皮膚の薄い部分にできやすく、顔の場合は目尻や口元に刻まれやすいです。乾燥ジワとも呼ばれます。

乾燥が原因のため、保湿に力を入れてください。同時に、紫外線対策も念入りに行いましょう。

紫外線は乾燥を誘発するからです。

表皮が傷つく事を減らすため、泡で洗顔するなど肌の摩擦にも気を付けましょう。

セルフケアでは難しい…そんなシワもあります

残念ながら、一度できてしまうとご自宅では改善が難しいシワもあります。

高価なエイジングケア化粧水を塗っても効かない…。それは、セルフケアでは治しにくいシワなのかもしれません。

ぜひチェックしてみてください。

下あごの「梅干しじわ」は歯科医師に相談!

「梅干しじわ」は、口を閉じた際にあごにできる、梅干しのような模様のシワです。

【イラスト化画像2-6】
出典:https://angie-life.jp/shimi-labo/skin-care/siwa/

梅干しじわの原因は、顎や顔の骨格・歯並びなどが挙げられます。

口を閉じる際にオトガイ筋(下唇の下から顎の先端の近くまで垂直に伸びる筋肉)に余計な力が入り、筋肉が緊張して震えて梅干しジワができます。

【イラスト化画像2-7】
出典:https://josei-bigaku.jp/kantanstretch6843/

また、口呼吸の方も注意が必要です。口を閉じる回数が少ない為、オトガイ筋が衰えがちで、口を閉じようとオトガイ筋を使うと震えてしわができます。

基礎化粧品でのセルフケアはあまり効きません。歯並びやアゴの改善が必要なため、歯科や美容外科での相談がお勧めです。

深い「真皮しわ」を治すには、美容医療への相談を

真皮しわは、老化によるコラーゲンやエラスチンの減少や変性により、肌の弾力がなくなって発生するシワです。

上述のちりめんじわに比べ、シワが深いのが特徴です。「加齢じわ」「大じわ」「構造じわ」と呼ぶこともあります。

【イラスト化画像2-8】
出典:http://b-steady.com/wrinkle-under-eyes-649

深いほうれい線は、この「真皮しわ」である可能性が高いです。

コラーゲンやエラスチンが入った化粧品は、真皮しわの発生を遅らせたり予防に期待できます。

しかし、いったん真皮まで深く刻まれると、自宅でシワを除くことは難しいです。美容医療への相談が最適です。

表情ジワもセルフケアは難しい

表情じわは、笑ったり眉をしかめたときにできるシワです。目尻や眉間、額や鼻根部などにできやすいです。

【イラスト化画像2-9】
出典:http://www.ci-labo.jp/aging-care/229/

表情の癖はなかなか改善しにくいですよね。長年同じ場所にシワが刻まれ、だんだんと跡が残るようになります。

加齢によりコラーゲンやエラスチンなどが減少すれば、表情シワは表皮に留まらず真皮まで到達してしまいます。

上述の「真皮シワ」と同様にセルフケアでの改善は難しく、医療機関へ委ねる可能性が高いでしょう。

同じ顔のシワでも、それぞれ適した対策方法で改善を!

同じ人物の顔のシワでも、シワの発生場所や深さにより対処方法が変わります。中には、一度作られたら医師に相談しないと治療が難しいシワもあります。

しかし、保湿や規則正しい生活習慣を続けることで、シワの予防や悪化の防止できる場合もあります。

ご自分のシワの特徴を見極めて、より効果的なアンチエイジングを探っていきましょう!

Topics顔のしわ

顎の梅干しじわは、セルフケアでは治らない!医療機関での治療方法と注意点

口を閉じたとき顎にできる「梅干しじわ」。老けて見えたり、不満げな印象になりがちで、気にされる方も多いですよね。 梅干しじわを治すには、医療機関での治療が良い…

顔のしわには「医薬部外品」のクリームを!国認定の成分配合で若返ろう!

年を重ねるにつれ、顔に深く刻まれたしわが出てきませんか。目元や眉間・おでこ・口元など、顕著な方も多いですよね。 2017年から発売され始めた、医薬部外品の「…

化粧品で顔のしわを消す!気になるしわの種類と有効な成分合ってる?

シワに効く!と謳った化粧水を使っているのに、全然効かない…。やはり年だから仕方ない…と諦めている方はいらっしゃいませんか? 実はシワにはいくつかの種類があり…

顔のしわ取りテープ、実は効果なし?使い方や注意点のご紹介

顔のシワを解消できるという「シワ取りテープ」。シワがある場所をテープで引っ張り、たるんだ皮膚を伸ばします。 本当にテープを貼るだけで、シワを解消できるのでし…

顔のシワ、対策は洗顔・保湿・紫外線対策にあり!本当に正しくできている?

年齢を重ねるごとに増えてくる顔のシワ。年だから…お金もかけられない…ケアする時間もないし…と諦めていませんか? 顔のシワは日々のケアを正しく行うことで予防で…

しわなしツルツル眉間で魅力度アップ!4つの方法でアプローチしよう

女性の見た目にネガティブなイメージを与えるのが「眉間のしわ」です。「あれ、この人怒っているのかな?」なんて、損な印象を抱かれてしまうケースもあります。 加齢…

おでこのしわはマッサージで改善!毎日5分でキレイになろう!

おでこにシワがあると、キレイにメイクしても老けて見えますよね。子どものうちからシワができる方もおり、長年悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 おでこのシ…

ゴルゴラインの解消に即効性が期待できる方法。今すぐ若々しい肌に!

ある日ふと鏡を見たとき、ゴルゴラインが現れていることに気が付いて愕然とした経験はありませんか? 久々に友人に会う、同窓会で昔好きだった男性に会う…など、女性…

3つの衰えからくるたるみしわに効く予防法のポイントは3つ

若い頃はピンとハリのあった顏の皮膚も、年齢を重ねると、徐々にたるみが気になってきてしまいます。 そんなたるみがもたらすのが、顔の目立つ部位にできる、深いしわ…

たるみしわを化粧品でケア…選び方のコツと上手な使い方を知ろう!

顔にできてしまったたるみしわを、なんとか改善したい!と思ったときに、まずチェックしたいのが「化粧品」です。 自宅で手軽にケアできますから、非常に手軽。しかし…