白髪は正しくケア!白髪が生える理由や悩み別ヘアケア対策

少しの白髪も気になりプチプチ抜いてしまったり、根元の目立つ白髪を強烈なカラー剤で頻繁に染めていたり…白髪は目立たなくなるかもしれませんが、実はそれ白髪をますます増やしているかもしれません。

本記事では白髪ができる原因や症状から対策まで、白髪の悩みを解決する様々な情報をまとめました。

白髪は体の内側からケアが大事!

白髪が目立ってくると一気に老けた印象になるため、見た目を気にして髪を染めたり抜いてりする人が多いでしょう。

その方法で見た目は改善されるかもしれませんが、本質的には白髪を解決できていませんよね。老化現象の放置や間違ったヘアケアは、今後ますます白髪を増やす可能性もあります。

白髪の悩みを解決するには体の内側からアンチエイジングを始める事が大切!白髪の問題は髪ではなく「頭皮」にアプローチするのもポイントです。

老化だけじゃない白髪の原因を見直してみよう

花王の調査によると、30代後半女性の髪の悩みは「白髪」が1位。40代以上ではほとんどの女性が白髪に大きな悩みを抱えると言います。

そのくらい老化による白髪の発生頻度は高く、加齢と共にどんどん増えていくのが当たり前でもあるようです。

しかし、白髪の原因はさらに多岐に渡ります。

  • 白髪の原因
  • 女性ホルモンの低下
  • 出産経験
  • 刺激の強い白髪染めを繰り返す事
  • 精神的ストレス
  • 不規則な生活
  • ダイエットや栄養の偏った食事
  • 季節の変わり目
  • 白髪になりやすい病気
  • 遺伝 など

白髪の悩みが多い理由は発生原因が多い事も関係しているのです。自分の生活スタイルや置かれている環境を見直す事で、老化以外にも白髪の原因を探ってみましょう。

白髪の症状…白髪の生え方増え方は人それぞれ

白髪の増え方は人それぞれで、ポツポツと白髪があるものの少ないままで50代を迎える人もいれば、すぐに真っ白になってしまう人もいます。

その理由は遺伝も影響していますが、体内環境や精神状態または頭皮の健康状態に大きく関係していると言われています。

様々な白髪の生え方

  • 髪の分け目や頭頂部にだけ白髪が増える
  • 後頭部にだけ白髪が生える
  • こめかみにだけ白髪が生える

髪のある部分だけ白髪が増えるのを一般に「部分白髪」と呼びます。部分白髪は、ある一定の刺激やストレスが加わる事で、一部分にのみ集中して白髪が生えてきてしまいます。

髪の分け目に多い人は紫外線ダメージが原因だったりこめかみに生える人は神経疲労やストレスが原因だったりします。

白髪は抜いても解決にはならない…すぐやるべき改善策

白髪を予防するならまずはすぐに始めていきたい対策があります。「頭皮と髪への刺激を減らす事」と「頭皮の血行を良くする事」です。

  • 紫外線を防ぐ
  • 頭皮への刺激を減らす
  • 頭皮を柔らかくする
  • 眼精疲労や内臓の不調を改善
  • ストレスを溜め込まない

髪にとって紫外線は天敵です。紫外線の刺激によってメラニン色素を作る機能が低下して白髪が増えていきます。シャンプーや白髪染めの使いすぎによる頭皮への刺激も悪影響です。

また、頭皮のコラーゲンがなくなり皮膚が硬くなる事で育毛機能が衰えてしまいます。眼精疲労による筋肉のコリや血行不良、内臓機能の低下やストレスによる体調不良も間接的な原因になるので、できるだけ早めに改善するのが良いでしょう。

白髪は抜かないほうがいい

少しずつ増えてくる白髪は気になりますし目立つので、つい抜きたくなってしまいますよね。

しかし、白髪は抜いても次にまた生えてくる髪もほぼ白髪です。さらに、生えてくる度に抜いていると毛根が弱ってしまい、今度は生えてこなくなって薄毛に悩まされます。

抜かずに放置しておき適切な予防法を取り入れる事で、いずれまた黒髪に戻る可能性もあります。気にせずにそのままにしておくのが賢明です。

血行を促進させて髪に栄養が届きやすい体質へ

白髪を防ぐために「頭皮の血行を良くする」方法をご紹介します。

老化した頭皮は黒髪を作る役割のある色素幹細胞の機能を弱めます。頭皮を柔らかくして血流を改善し、メラニン色素が正常に作られるようにしましょう。

  • 頭皮と首のマッサージ
  • 適度な運動で体全体の血流を良くする
  • 体のストレッチやマッサージでリンパの流れを良くする
  • バスタイムは湯船に浸かって体を温める
  • 蒸しタオルで頭皮を温めてコリをほぐす

頭皮をマッサージする時は頭頂部からしっかりもみほぐし、血液の出入り口になる首も併せてマッサージしましょう。肩コリや眼精疲労のある人は念入りにほぐしてあげると効果的です。

そして頭部だけでなく体全体の流れを良くしてあげましょう。体全体でスムーズに循環させる事が大切です。

頭皮の血行を良くするツボ押しもおすすめ

頭部には白髪を予防すると言われる「ツボ」もあります。頭皮マッサージと一緒にツボ押しも実践してみると相乗効果を期待できます。

頭頂部(両耳の上部を結んだ線と真正面から上に伸ばした線がクロスする真ん中)にある「百会(ひゃくえ)」というツボは血行促進やホルモンバランスを整える効果があると言われています。

また、体にある血行を促進するツボにお灸をする方法もあります。

白髪染めが白髪を増やす!正しいカラー剤の選び方

白髪が増えたらカラー剤で白髪を染めて目立たなくさせる方法が一般的です。しかし、このカラー剤は使えば使う程、白髪を増やしている行為になっているかもしれないのです。

一般的に市販されているカラー剤は頭皮に強い刺激を与える化学薬品が多く含まれています。頭皮がピリピリと痛んだりかゆみがでたらダメージを受けている証拠です。

その化学物質が頭皮に染み込むと、細胞やメラニン色素(メラノサイト)の働きを弱くして白髪が増えるのです。

刺激の少ないカラー剤を選ぼう

カラー剤を使う時は、含まれる成分をしっかりチェックしてできるだけ低刺激のものを使用するようにしましょう。

  • カラートリートメントを使う
  • ヘナカラーを使う
  • 美容院で染める(ヘアマニキュアやヘアマスカラ、オーガニックカラーなど)

カラートリートメントは頭皮と髪に刺激がすくない成分で作られています。潤い成分も含まれているので髪を補修しながらカラーリングできるのが魅力です。

ヘナカラーとはヘナという植物を使ったカラー成分なので、頭皮や髪に悪影響な物質は一切含まれていないのが特徴です。

美容院で染めているという人は、できるだけオーガニックカラーなど優しい成分のカラー剤を使用している美容院を選びましょう。

白髪になりづらい生活をしよう

夜更かしやジャンクフードの食べ過ぎなど不規則な生活は、白髪を増やすもとになります。白髪を減らすために、規則正しい生活をして体内環境から整えていきましょう。

白髪にしない食生活をする

健康な髪にするにはまず体の中から栄養を取り入れる事が大切です。

不規則な生活をしている人にありがちな「脂肪の多い食べ物(揚げ物や肉料理など)」や「添加物の多い食べ物(ジャンクフード、お菓子、インスタント食品など)」は、活性酸素を増やしたり血流が悪くなるため白髪を増やす原因となります。

白髪になりやすい食事は控えて、髪に良い栄養素を含む食材を取り入れましょう。

  • ポリフェノールを含む食材(ベリーやぶどう、カカオなど)
  • セサミン(黒ゴマ)
  • ビタミンを多く含む食材(緑黄色野菜や果物)
  • ミネラルを多く含む食材(海藻類など)

ポリフェノールは抗酸化作用があるため老化防止に繋がります。黒ゴマに含まれるセサミンは髪のメラニン色素(メラノサイト)を活性化させる働きがあるとされています。

それに、コラーゲン生成や皮膚の保護を強化するビタミンやミネラルは毎日の食事に欠かせない栄養素ですね。

これからの食材を頻繁に取り入れるのが難しい場合は、サプリや酵素ドリンクなどもおすすめです。毎日気軽に摂取できるので忙しい人や好き嫌いの多い人にも便利です。

白髪対策には質の良い睡眠が効果的

「眠りが浅い」「なかなか寝付けない」などの睡眠に関する悩みがある人は白髪になりやすいかもしれません。

寝ている間には「成長ホルモン」という物質がたくさん分泌され、体を休めるだけでなく体中の細胞を新しくして元気にしています。

ですから子供が成長するのは夜が中心ですし、肌が綺麗な人は適切な時間に深い眠りにつけている事が多いはずです。

成長ホルモンは髪の発育に関わる毛母細胞の働きも活性化させます。ですので反対に眠りの質が悪いと、白髪や薄毛、髪の乾燥などにも繋がるのです。白髪を予防するには質の良い睡眠をしましょう。

  • 早寝早起きをする
  • 体内リズムが整えるため朝は日を浴びて起きる
  • 寝る前に強い光を浴びない(スマホや蛍光灯など)
  • 寝る前にストレッチをすると良い

血行促進にも!運動不足を解消する

運動不足になると筋力減退によって新陳代謝の低下に繋がります。血行促進と代謝アップは白髪予防にも繋がります。

また、カロリーを使い汗をかく事で体に溜まった老廃物や悪性コレステロールを排出しやすくなるので、体の巡り向上を期待できます。

無理のない有酸素運動がおすすめ!

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • 軽いスイミング
  • ピラティスやヨガ

運動以外には、毎日のバスタイムはしっかり湯船に浸かって体を温める事、体のストレッチやマッサージを行いコリやむくみを解消し流れでスムーズにする事も効果的です。

活性酸素を溜めない生活習慣を!

細胞を錆びつかせて老化を早める性質のある活性酸素は、アンチエイジングの敵となる存在です

しかし、活性酸素はあらゆる状況下で増え続けます。ストレスや運動不足、栄養不足の食事やたばこ、過度な飲酒も当てはまります。

活性酸素を除去する生活を心掛ける事で白髪を予防しましょう。

  • 運動不足を解消して巡りのいい体にする
  • ストレスは活性酸素を増やす!
  • タバコやお酒の飲みすぎは控える

他にもある!白髪を減らすアンチエイジング法

白髪を減らすアンチエイジング法として、話題となっている対策法をご紹介しましょう。

  • 白ごま油うがい
  • ココナッツオイルで頭皮マッサージ
  • 椿油で頭皮マッサージ
  • アロマオイルでストレス緩和やマッサージ
  • 炭酸水で自宅ヘッドスパ など

白ごま油でうがいをすると白髪予防になると言われています。白ごま油はインドの伝統療法アーユルヴェーダでも重宝されている美容食材で、白髪や美肌、毒素排出など様々な効果が期待されています。

美容効果が高いと話題のココナッツオイルや日本人の黒髪と相性の良い椿油で頭皮マッサージを行う方法も広く認知されています。

アロマオイルは嗅ぐだけでもストレス緩和になりますし、頭皮マッサージもOK。お風呂に入りながら行うのもいいですね。

炭酸水は毛穴の汚れを浮かして血行促進効果もあります。美容院で本格的な炭酸ヘッドスパができますが、自宅にて炭酸水を使って毎日のヘアケアに取り入れる方法もあります。

どんどん増える白髪は体の中からカバー

「白髪を増やさない、改善する」なら見た目に気を配るだけでなく、体の中から改善するのが重要です。

白髪は生えてきてしまうと黒く染めるしか改善方法はありませんが、頭皮の状態を良くしたり体内環境を整える方法ならたくさんありますね。

白髪予防は諦めずにしっかり続けていく事が大切です。

Topics白髪

ヘナは髪に優しい白髪染めの方法…デメリットも知り理想の髪へ!

ヘナを使った白髪染めは、「白髪は気になるけれど、髪や頭皮へのダメージが気になる…」という女性たちを中心に、人気が高まっています。 「100%天然の白髪染め方…

白髪染めは美容院で!髪や頭皮のメリットと、気になる料金・頻度を解説

30代半ばから40代にかけて、徐々に目立ち始める白髪の問題。「髪に白いものが混じると、一気に老け込んで見える!」と気にする女性も多いことでしょう。 白髪を隠…

100均で白髪は隠せる!?ダイソーなどで買える白髪隠しグッズ

「白髪が気になり始めたけど、美容院で染めるとお金がかかるし、手軽にお家でパパっと染めてしまいたい!」と思う方もおられますね。 白髪が気になってくるということ…

手軽に白髪対策!白髪に良いトリートメントの選び方と効果・注意点

白髪を隠す対策といえば、美容院や自宅で白髪染めをすることが一般的ですが、繰り返しのカラーリングは髪を傷めたり頭皮環境にダメージを与える可能性もあります。 そ…

白髪対策には運動も重要!手軽に出来る美髪エクササイズ

白髪が生える原因やきっかけは人それぞれですが、多くの場合で「運動」は白髪対策、予防改善の有効な手段です。 では、実際にどのような運動を行うと白髪に効果的なの…

白髪解消は頭皮の血行促進が効果的!これ以上白髪を増やさない方法

白髪の原因は様々なものが考えられていますが、その中の一つに頭皮をはじめとする血流の不良があります。 言い換えれば、頭皮の血行不良を改善して血行促進を行うこと…

すぐできる白髪対策。美しく若々しい髪を手に入れて実年齢以下に見られよう!

老化による白髪には様々な原因が複雑に絡み合っている場合が多く、なかなか特定が難しいのが現状です。 そして、白髪対策の方法も多岐にわたり、生活習慣の見直しが必…

白髪で老け顔に…を予防!美しい黒髪を保つために行うべきポイント

白髪は年齢とともに表面化する自然な老化現象ではありますが、予防ができないわけではありません。 ストレス性のものや食習慣が原因のものであれば未然に防ぐことが可…

白髪って治療できる?白髪を医学の力で治す方法と注意点

一般的に、30代頃から悩まされる人が増えてくると言われている白髪は、生えてくることで見た目年齢が老けてしまうことがあるので、出来ればなかったことにしたいものです。…

白髪対策は育毛剤で叶うかも!使い方と期待できる効果、注意点

抜け毛や薄毛の予防対策として用いられる育毛剤ですが、実は白髪にも効果がある場合があることをご存知でしょうか。 確実に白髪に対して効果的だとは断言できませんが…