手のシワが年々増えてきた…その原因と挫折しないケア方法を知ろう!

年々増えてきた手のシワ。ハンドクリームを塗っておけば何とかなるでしょう!と放置したままになっていませんか。

実は手の皮膚は顔や首よりも薄く乾燥しやすく、しわが出来やすいです。

顔と同様に、手も一度できたシワは治しにくいもの。

手にシワができる原因と予防法をご紹介します。アンチエイジング対策は顔しかしていない方も、ぜひご覧ください!

シワの原因は紫外線とコラーゲンの減少

手にしわが出来る原因には様々なものがありますが、一番の原因は紫外線!

紫外線を浴びた肌は、手のハリを作るコラーゲン・エラスチンが壊されて手の老化を早めてしまいます。

また、25歳を過ぎると肌にあるコラーゲンが減少します。

紫外線からのダメージ、さらに年齢によるコラーゲンの減少が重なりシワが出来やすくなります。

手のシワを無くすには、日頃のケア次第!

シワのできにくい手を作るには、日頃の細かなケアにかかっています。

しかし、アラフォー女性は仕事や家事育児で大忙しですよね。手間のかかるケアは続かないもの。

いつものケアにプラスアルファするだけの、簡単な方法をご紹介します!

日焼け止めの塗り方を改善!指先も塗ろう

紫外線対策は顔を重視しがちですよね。日焼け止めクリームを腕に塗っても手には付けていない方も多いのではないでしょうか。

手の甲や指先にもUVケアを行う習慣をつけましょう。

手洗いをしたら再度塗り直すようにしてください。外出先でお手洗いに入ったら、化粧直しと一緒に手に日焼け止めクリームを塗りましょう。

また、手にUVカットの手袋をはめるのもお勧めですよ。

手を洗ったらしっかり拭き取る

手が濡れたまま放っておくと、老化を早めてしまう可能性があります。手についた水分を自然乾燥させると、手本来の潤いも一緒に蒸発してしまうのです。

残すべき潤いまで蒸発すると、角質層がしぼんで皮膚がへこみます。それがしわが出来る原因になります。

手を濡らさない生活は不可能ですから、濡らした後きちんと水分を拭き取れる事が重要です。

指先や指と指の間など、隅々までキレイに拭き取ってください。タオル・ハンカチを吸収性の良い物に変えてくださいね。

手洗いや水仕事は水温に気を付けて

冬はお湯で手を洗うことも多いかと思いますが、温度次第ではシワにつながります。

熱いお湯で手を洗うと手の皮脂が失われてしまうため、乾燥しやすくなります。逆に冷水で洗うと手の血行が悪くなり、シワに繋がります。

手洗いは熱すぎも冷たすぎるのも悪影響します。ぬるま湯を利用するようにしましょう。

食器洗いなどの水仕事は、ゴム手袋の着用をお勧めします。洗剤に含まれる界面活性剤も手荒れの原因になりますので、水・洗剤の両方から手を守れますよ。

裏起毛がついていて保温性の高いゴム手袋も売られています。ぬるま湯では難しい水仕事にぜひ活用したいですね。

ハンドクリームを塗る前に化粧水で保湿

手がガサガサになったらハンドクリームを塗ってケアしますよね。

ハンドクリームを選ぶときは、成分に注意をしてください。体質によっては成分内の香料や着色料が影響し、手荒れがなかなか改善しない場合もあります。

ハンドクリームは、保湿を重視して作られているものが多いです。水分を逃さない効果はありますが、手の潤い不足は解決できません。

化粧水を手につけてからハンドクリームを塗りましょう。普段顔に化粧水をつけたときに、余りを手にもパッティングさせます。

手の老化が深刻な方は、保水力の高いものやエイジングケア用のものがお勧めです。

ハンドクリームは手のひらで温めてから塗ると、浸透力が高まります。指先・指と指の間や関節に塗ることも忘れずに!

就寝前はハンドクリームを塗ったら手袋をはめてください。保湿用の綿手袋がなければ、ゴム手袋やビニール袋をはめても効果があります。

入浴後にハンドマッサージを行う

ハンドマッサージも老化の改善に効果があります。クリームを塗り片手でもう一方の手を包むようにマッサージしていきます。

指は付け根から指先に向けて、指と指の間は反対側の親指の腹を使って押します。爪も左右にマッサージします。

入浴後の肌が柔らかくなっている時に行うと、より効果的でよす。

クリームを付けずにマッサージをすると、肌を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。

クリームは普段使いの物でOKですが、シアバターは特にお勧めです。細胞を活性化させる効果があり、ふっくらした肌へと導いてくれます。

食生活の見直し!シリカを取り入れる

ハンドケア以外にも、内側からシワを予防することが出来ます。手の老化に効果的な栄養素「シリカ(ケイ素)」です。

シリカは肌の弾力を保つのに必要なエラスチンや、潤い成分であるヒアルロン酸を結びつけ肌を丈夫にしてくれる働きがあります。

シリカは私達の体内には少ししかない上に、一日で30mgも失われてしまいます。こまめに摂取することが必要です。

シリカを多く含む食品
キビ、じゃがいも、小麦、ワカメの茎、アサリ、昆布、青のり、大豆、ゴボウ

キビは玄米に含まれていますので、白米を玄米に変えるといいですね。また、シリカ入りのサプリやミネラルウォーターも出ていますよ。

化粧品を使って綺麗な手を作ってみよう

大事な時にしわを隠したい!そんな時にはハンドメイクという方法もあります。しわが隠せて若く見えますよ。

メイクする前にピーリングクリーム等で毛穴汚れや古い角質を落とし、ムダ毛の処理もします。その後手にファンデーションを塗り、ネイルを塗ります。

ファンデーションはBBクリーム、血管の青み消しにはコンシーラー、シミには舞台用ファンデがお勧めです。舞台用ファンデは水や汗に強く、通販などで安価に手に入りますよ。

手の甲・ひらはもちろん、指の関節にも丁寧に塗るようにしてくださいね。ネイルは手が自然に綺麗に見えるピンクベージュがおすすめですよ。

同窓会や披露宴に呼ばれたときなど、おしゃれにしたいときにぜひ試してください!

医療機関で治療もできる

毎日のケアするには続けるのが大変な方には、再生医療という方法もあります。

代表的なものにPRPマトリックスという方法があります。PRP(血液採取により自分の血小板を濃縮させた液体)にヒアルロン酸を合わせたものを注入します。

血小板は壊れてしまった組織を修復する力を持っています。化学物質やメスを使わないアンチエイジング施術です。また、効果は永久的ともいわれています。

他にも色々な種類の再生医療がありますので、専門医に相談してみましょう。

手のアンチエイジング対策、今日から始めよう!

手は皮膚が薄い上に、他の体の部位に比べ洗う回数が多いです。乾燥しやすいけれどケアが行き届いていない人も多いもの。

日頃の簡単なケアを習慣づけることで、しわ対策ができます。

物を手渡ししたりメモを取る姿を見られて恥ずかしい思いをしないうちに、予防を始めましょう!

Topics手のしわ

しわ対策クリームは手のシワにも効く?成分を知ってハンドケアに活用しよう

「しわが消えるクリーム」と謳われた基礎化粧品があります。ネットはもちろん、ドラッグストアでも数多く見かけますよね。 パッケージを見ると「顔専用」というイメー…

即効性が高いです!手のシワを自宅ですぐに改善させる方法

今すぐに手のシワを改善させたい!という時ありますよね。 赤みやかゆみを併発してつらい… 今にもひび割れや出血しそう… 学生時…

手のシワ予防は紫外線対策にあり!顔と同レベルのUVケアで指先まで若々しく!

手のシワの一つの原因に紫外線が挙げられます。紫外線を受けると、手のハリを作るコラーゲン・エラスチンが壊され、肌の老化が早まるからです。 お尻やももの内側など…

手のシワに効く短時間マッサージ!すきま時間でできる方法をご紹介

ハンドマッサージを行うと手の血行が良くなり、体全体の代謝も上がり手のシワの予防ができます。 人間の皮膚はコラーゲンやヒアルロン酸を作り出しています。しかし、…

手のシワも化粧で隠れる!パーティーにはハンドメイクをして出かけよう!

顔の老化はメイクでごまかせても、手には化粧できない。手の甲にできたシワは隠しきれないと思っていませんか。 実は、手も顔のメイクと同様に「ハンドメイク」できる…

手のシワを食べ物で改善!しわしわ手を招く食品と美肌効果がある食品

年とともに増える手のシワ。高機能なハンドクリームを使ったり、美容外科での治療を検討している方もいるかと思います。 手の美しさで重要なのはハンドケアだけではあ…

手のシワの原因は生活習慣にある!こんな紫外線対策や手洗いは止めよう

いつの間にか手のシワが増えていませんか?若いころから愛用しているハンドクリームを塗っても、前ほど効きませんよね。 手のコラーゲンが減少すると、シワができやす…

手のシワをハンドクリームでなかったことに!?正しい選び方と塗り方

顔や首を気にしていることから、怠りやすい手のケア。そのためか、シワが最も早く出るパーツは手という方も多いです。 手頃にできる手のシワ対策といえば、ハンドクリ…

手のシワは水仕事のやり方次第で変わる!洗剤や作業後のケア方法

水仕事をすると手が荒れると言いますよね。手を水に濡らすと手の潤いが逃げてしまい、シワなど肌が老化してしまうのです。 だからと言って、手を濡らさずに暮らすこと…