ホームページに使用する写真の準備について

ホームページに使用する写真の準備について

2018.05.09 | Direction

ディレクターの増子です。一般的に文章と写真で構成されているホームページですが、イメージをわかりやすく伝えるため写真は重要な素材となります。ホームページ作成に必要な写真素材について、よくお客様からどのように準備するのか?というご質問をいただきます。今日は写真素材の準備について、書いていきたいと思います。
宣材用に以前から写真データがあるお客様もいらっしゃいますが、一から準備するというお客様が大半です。方法としては、自分で撮影する、素材サイトで購入する、プロカメラマンに依頼する…と大きく3つあります。

3つの準備方法

自分で撮影する

メリットはご自身の好きなように、好きなタイミングで撮影でき、かつカメラをお持ちであればコストもかかりません。ただ、より良い写真を撮影するために一眼レフカメラや機材を購入すると当然大きなコストがかかりますし、被写体の角度、光の加減といった知識や撮影テクニックが必要となります。一朝一夕で高クオリティの写真は撮影できませんし、かえってマイナスイメージとなってしまう写真というのもあります。腕に自信あり!という方にはオススメな方法です。

素材サイトで購入する

インターネット上にはホームページ制作で利用できる写真を公開している素材サイトがたくさんあります。無料で使用できるものもありますが、有料で購入する方がサイズやクオリティが担保されています。特に人物が入っている写真が必要…という場合は撮影にモデルを手配する必要がありますので、素材サイトからの購入が手軽かもしれません。加工が禁止されていたり、規約がある素材もありますので必ず確認をして購入してください。

プロカメラマンに依頼する

「自分で撮影する自信が無い…」「素材サイトでもイメージに合うものがない…」という場合、弊社にはパートナーのプロカメラマンがいますので、ぜひご相談ください。
プロカメラマンに依頼する…というと大げさな話に聞こえるかもしれませんが、前述した通り、ホームページに限らず媒体物(チラシ、パンフレット)ではイメージをわかりやすく伝えるため写真はかなり重要です。撮影費用はかかりますが、撮影したデータは納品させていただきますので、ホームページ制作以外の用途(チラシ、パンフレットなど)にもご利用いただけます。
特に新規オープンのお店や会社社屋の場合、建物の内外の写真や商品やお料理などの撮影はオススメです。

今回のまとめ

写真素材は見た目の印象に非常に大きな影響を与えます。美味しそうな料理、綺麗な建物、楽しそうな人物の表情などなど、イメージを伝えやすいものは重要です。今回は準備方法について触れましたが、ホームページに適した写真ってどんなもの?どういった写真を撮影または購入すればいいのか?といったお悩みもあるかと思います。もちろん担当ディレクターがお客様のご要望を伺いつつ、一緒に考えさせていただきますのでご安心ください!

ではまた次回!